蚊取りっく線香

前回はしろくまという強引なネーミングの郷土お菓子に関する考察でした。今年こそは食べましょうね。

今回は、これ。

スクリーンショット 2015-08-07 3.20.39

ハイこれわかる人。わかるひと日本人ね。

築200年14LDKエアコン無しの我が家は当然夏は網戸です。

これほど自分が網戸が好きで、網戸の張り替えをこんなにもするようになるとは4年前には知る由もありませんでした。網戸全部で何枚あったかな?30枚くらいかな?もっとかな。

ということはですね、建て付けの問題もありますし、開け閉めの問題もあるってんで、家中蚊だらけになりがちなんですね。夏は。

で、蚊の撃退法と言えば我が家ではもっぱら蚊取り線香と相場は決まっているんです。

化学的なものはノーサンキューなのです。

「天然除虫菊配合」のものを買うようにしていますが、成分ばかりは分析しようがありませんのでメーカーの表記を信じて買っています。

で、例の広いお屋敷ですから蚊取り線香の消耗がやけに早い。

例年一夏に200本から250本は使い切っています。となるとついて来るのは画像のこれですね。

スクリーンショット 2015-08-07 3.20.39

立てるヤツ。これは案外丈夫ですから、10本20本立てたってぜんぜん大丈夫なものなんです。

それがだいたい10本に一つ付いてきてしいます。

この立てるヤツがどんどん余って来るわけです。

はじめの頃は立てるヤツとして使っていましたが、そうそう消耗はしないのでどんどん増えていって途方に暮れております。

何か使い道ある?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です