旧くて新しいカメラ E-300

前回は夫婦でユニット活動をするものは自然と「食堂」と名乗りやすいのはなぜか?という考察でした。なんと有意義だったんでしょう。

クルマが好きな人は大概カメラも好きです。断言。

ハイこれ。

スクリーンショット 2015-08-06 23.00.58

オリンパスのE-300という一眼デジカメです。ミラーレスじゃないんですよ。こう見えて。

このカメラ13年以上前に発売されたんですが、手に入れたのは最近のことなんです。

じつはこの後継機種であるE-330という機種を10年前くらいに買っているのですが、鹿児島に移住する際に実家に置いてきてしまい、そのまま家人に使用され続けていて引き戻すことが困難になっていた中、E-330の使用感や機能性や吐き出す画像が忘れられずまた必ず手に入れたいと思ってはいても、積極的にヤフオクなどで探すということも無く日々が過ぎていたのですが、ある日ふと立ち寄ったカメラ量販店の中古カメラコーナーで1,980円という破格なプライスタグをぶら下げた兄貴分のE-300と出会ってしまったというのが手に入れた経緯です。

10年前にE-330を手に入れたのにももちろん前段があって、本当は当時もE-300のほうが欲しかったんですね。ボディはマグネシウム合金製だし、CCDはコダック製だし、当時デジイチでは最安なのにメカおたくが喜ぶギミック満載だったし。だったんですが、カタログを眺めて考えてるうちに販売が終了してしまって、焦っていたら後継のE-330が出てきてまた考えてるうちに廃番になる前にってんですぐに飛びついた。

自腹で買うはじめてのデジイチだったので、うれしくてうれしくて毎日持ってなんやかや撮りまくった日々でした。当時はマクロ写真に凝っていて、今でも名玉だと思っている35/35 MACROというオリンパスの純正レンズを買ってからはまたどんどんハマっていった。

「またE-330が欲しい」というよりは「またあの35/35 MACROで昆虫の目玉を手に入れたい」という欲求のほうが強かったように思う。

というわけで、再び手に入れたE-300(E-330じゃないけど)にも35/35 MACROを付けっぱなしです。本当に良いレンズなんです。今でもこのレンズはオススメです。

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/lens/35_35-macro/

本当はこのE-300とE-330(オリンパスのEシリーズ全般か)に触れる時には今は亡きフォーサーズ規格に言及しないと行けないのですが、これはまた別の機会にでも。

このレンズで撮影していた時のブログです。

http://turedule-bunta.blog.so-net.ne.jp

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です